陰毛 脱毛器

お家で手軽にすばやく脱毛できる家庭用脱毛器が人気

ケノン
ケノン
トリプルショットで肌に優しい

光脱毛のケノンは、脱毛用の光線を1回で照射するのではなく。3回に分けて照射する「トリプルショット」方式。
肌が敏感な方でも、負担が少なく安心です。

光美顔スキンケアモード

専用の美顔カートリッジに交換すると、エステ並みの光美顔スキンケアが自宅でいつでも出来る美顔器に早変わり!

カートリッジ交換式で経済的

ケノンはカートリッジ交換式で、照射回数の寿命が来ても本体ごと交換する必要がないから経済的。
さらにカートリッジ1つの照射回数は驚きの18000回!1回の照射あたりの値段にするとたったの0.46円

トリアプラス
家庭用脱毛器としては希少なレーザー方式

医療用レーザー脱毛器を多く世に送り出しているトリアが開発した、家庭用レーザー脱毛器トリアプラス。美容外科やクリニック品質のレーザー脱毛を家庭で気軽に体験できるのはトリアプラスだけ。

安心の返金保証

お客様の満足に万全を期しているトリア。万が一トリアプラスに満足できなかった場合は購入から30日以内であれば「いかなる理由」でも返品可能。
さらに部品や構造の欠陥の場合は購入から1年間の製品保証付き。

キャンペーンコード入力で10000円オフ

期間限定で、トリアネットショップのお買いものカートからトリアプラス購入時に、キャンペーンコードを入力するとその場で10000円引き。
さらにネットで応募できるプレゼントキャンペーンでお好きなトリア製品が当たるチャンス。

センスエピ
肌に優しく、痛くない

センスエピは「ホーム・パルス・ライトテクノロジー」を採用、光と共に照射時の「パシッ」という音響効果でムダ毛を排除。
一瞬で脱毛が終わるので肌に優しく痛くない。

2×3cmの広角照射でスピーディ

家庭用の脱毛器では最大級の照射面積。一回の脱毛面積が格段に広いのであっという間に脱毛が完了。ワキ脱毛なら驚きの3分で完了。

今だけ期間限定特価

センスエピは販売開始2周年を迎え。期間限定の円高還元キャンペーンを実施中。さらに送料・手数料が無料なので、この機会をお見逃しなく!

 

 

自宅で脱毛する人必見!簡単、らくちんで早い脱毛機器が今大人気!

発売から販売台数第一位をキープし続けている家庭用脱毛器 ケノン

近年、『脱毛』は幅広い世代に浸透し、従来自宅でカミソリや毛抜きなどで処理をするのではなく、エステサロンやクリニックに通い脱毛をするなどかなり身近になっています。ですが反面、エステなどではお金がかかるなどの課題もあり、なかなか手が出しにくいこともあります。そんな中、最近注目を浴びているのは家庭用脱毛機器です。これはエステやクリニックで使用しているレーザー脱毛と似た、脱毛器具で自宅でお手軽に使用できるもので、注目を浴びていました。特に3月に発売以降、通販でおなじみの楽天において、全家電のカテゴリー内、販売台数第一位を200日キープし続けているケノンが大人気です。これにより、自宅でもお気軽に脱毛ができるようになっています。では実際に今まで出ている家庭用脱毛器具とどんな違いがあるか見て、ケノンの良さを感じてもらいましょう。

 

家庭用レーザー脱毛機器との違い

家庭用レーザー脱毛機器は今までの家庭用脱毛器具の中でも人気が高く、レーザーを毛穴に照射して脱毛をしていきます。一つ一つの毛穴に対して行うように使用します。ではさっそく比較してみましょう。

 

照射範囲
…レーザー脱毛器は直径1cmの円で毛穴に照射し脱毛をするのに対して、ケノンでは3.5cm×2.0cmと広い照射範囲で時間がかかりません。両脇で使用、比較した場合、レーザー脱毛器は両脇で15〜20分かかるのに対して、ケノンの場合は10分程度とかなり時間の短縮になります。

 

照射数
…毛穴に対してほぼ一つづつ照射するレーザー脱毛に対し、照射範囲の広いケノンはその分照射数も少なく脱毛できます。実際、腕に当てて試した実験によると、レーザー脱毛器は264発で照射完了に対し、ケノンではたった26発で完了します。何度も何度も重ねがけが必要なレーザー脱毛器ではお肌への負担も大きくなるリスクがありますが、ケノンではそのリスクも抑えられます。

 

軽量化
…従来のレーザー脱毛機器は約750gと野球で使用するバットと同じ重量なんです。実際持ってみるとその重量感に驚く人もいますが、ケノンの重量は約120gと携帯電話とほぼ同等の重さです。手軽に使用できる条件の一つに、『使いやすさ』は外せません。

 

シェーバーや毛抜きとの違い

では次に、家庭でよく使われているシェーバーや毛抜きとの違いも見ていきましょう。シェーバーは皮膚の表面にある毛を深く剃っていきます。

 

肌への負担
…シェーバーやカミソリではお肌の表面に目に見えない細かな傷がたくさんつきます。そこから細菌などが入り込むことにより炎症や毛膿炎などのお肌のトラブルへのリスクがあがります。普段から特に問題ない!という人もいますが、これからの季節海やプールなど、紫外線にお肌が触れる機会が増えてくると水を介して細菌が入り込むこともあります。ケノンでは、そういったお肌に傷をつけることはないので安心して脱毛することができます。

 

 

除毛クリームなどの使用
…では天然成分、化学成分を使ったクリームやワックスはどうでしょう。これもお肌に優しい成分が入っているとはいえお肌がデリケートな方は使用を避けています。肌荒れや合わないなどのケースもありますので、全員使用できるわけではありません。また、脱毛ではないので、もちろんまたあっさりと生えてきます。また独特なにおいもあることで苦手とする人もいます。

 

 

このように、家庭用の脱毛器具はさまざまでていますが、ケノンであれば、今まで行ってきた自宅での脱毛ががらりと変わります!
ぜひこの機会に使用してみませんか?

家庭用脱毛器で大事な部分の脱毛はどこまでできるの?

家庭用脱毛器『ケノン』でプロ並みの脱毛を自宅で実現!

恥ずかしい場所の脱毛、みんなどうしてる?

これから、暖かくなり、お肌の露出が増えるこの季節、海に行く人はデリケートゾーンのムダ毛処理も必要になりますね!多くの方は自宅でカミソリや毛抜きを使用したり、最近ではエステサロンやクリニックに通う人も増えています。ですが、カミソリを使用する人は傷つけてしまって跡にが残ったり、黒ずみやしみが増えてしまったりなどのお肌のトラブルが気になります。エステサロンやクリニックでの脱毛施術は、金額がなかなか高かったり、勧誘がうっとうしいことがあったり、施術の際にはM字開脚でもろ見せの状態で施術を受けなければいけないので恥ずかしいことこの上なかったり…となかなかデメリットが気になってきますね…では、最近発売されたこのケノン。楽天の全家電通販部門において発売後3日にして売上第一位をキープし続けているという脅威的な人気を出しています。今回は自宅で脱毛している方が主に使用している方法と比べてみて、ケノンのデリケートゾーン脱毛能力を検証してみたいと思います。

 

毛抜きやカミソリ、シェーバーとの違い

家庭でよく処理をする方法として一番多いのが毛抜きやシェーバーです。毛抜きは読んで字のごとく、毛抜きなどで毛を引っこ抜くという至って単純な方法でシェーバーやカミソリは皮膚の表面にある毛を深く剃っていきます。メーカーによっては毛穴の『奥深くまで』というキャッチコピーもありますね。皆さんおなじみの方法です。では従来の処理方法ではどのようなデメリットが出てしまうのでしょうか。

 

肌への大きな負担
…カミソリやシェーバーはお肌の表面に刃を当てて剃っていくので目に見えない細かな傷がたくさんついてしまいますきます。そこから細菌などが入り込んでしまうと、炎症や毛膿炎というお肌のトラブルに繋がってしまいます。普段から特に問題ない!という人も確かにいますが、海やプールなどの季節になると、紫外線にお肌が触れる機会も多くなります。そこで、水を介して細菌が入り込み、トラブルになることもあります。ケノンの脱毛は、お肌に直接傷をつけることもなく安心して脱毛することができます。

 

除毛クリームやローションの使用
…天然成分、化学成分を使った脱毛クリームやワックス。最近はエステなどでも使用されており人気が高いです。これもお肌に優しい成分が入ってはいますが、お肌がデリケートな方はお肌に合わないため使用を避けています。肌荒れやかぶれなどのケースも個人差によってはあり、全員が全員使えるわけではないのが現状です。独特なにおいもあることで苦手とする人もいます。

 

家庭用レーザー脱毛機器とケノンの違い

家庭用レーザー脱毛機器は、従来の家庭用脱毛器具でも人気が高く、レーザーを毛穴に照射して脱毛をしています。一つ一つの毛穴に対して行うように使用するのが特徴です。ここではケノンとの比較を中心に見てみましょう。

 

照射数
…毛穴一つ一つに照射するレーザー脱毛に対して、ケノンは照射範囲が広く、その分照射回数も少なく脱毛することができます。実際、腕に当てて試した実験では、レーザー脱毛機器は264発で照射を完了したのに対し、ケノンではわずか26発で完了しています。何度も何度も重ねがけが必要なレーザー脱毛器はお肌への負担も大きくなるリスクや痛みが伴う可能性があります。しかしケノンではそのリスクも抑えられることができますね。

 

照射範囲
…レーザー脱毛器は直径1cmの円の範囲で毛穴に照射し脱毛をしていくのに対し、ケノンでは3.5cm×2.0cmと広い照射範囲で時間がかかりません。脱毛箇所を両脇で使用、比較した場合、レーザー脱毛器は両脇で15〜20分かかるのに対して、ケノンの場合は10分程度とかなり時間の短縮になります。デリケートゾーンで使用した場合でもケノンではほとんど時間がかかることなく脱毛ができます。

 

軽量化
…従来のレーザー脱毛機器は約750gと野球で使用するバットと同じ重量です。実際持って、使い続けると案外疲れます…それに対して、ケノンの重量は約120gと携帯電話とほぼ同等の重さです。手軽に使用できる条件の一つに、『使いやすさ』は外せませんよね。色々な箇所を脱毛する際も、デリケートゾーンを脱毛する場合も様々な体勢で使うので、なるべく疲れない方がいいですよね。

 

このように、これからの季節気になってくるデリケートゾーンも自宅で手早く、簡単、確実に脱毛できるようになります。この機会にぜひケノンを試してみましょう!

脱毛効果の高い脱毛器比較ランキング

脱毛器 比較/TOP

 

 

概要
脱毛効果の高い除毛器選びでお悩みの方や、値段も含めて考慮されている方、安全性をとにかく重視している方など様々なニーズに合わせて比較ランキング形式でご紹介。脱毛技術も進歩し家庭でも脱毛エステサロンのエステ脱毛と言われる(光脱毛・IPL脱毛)や脱毛クリニックの医療脱毛と言われる(アレキサンドライトレーザー・ダイオードレーザー)などと比べても遜色ない脱毛効果を期待出来るようになりつつあります。特にケノン・トリアプラス・エスピルなどは総合的にも特筆すべき口コミ評価を得ています。光出力でみてもエステ脱毛を上回るジュール数を誇るケノンなどは使用方法さえ守れば自宅で医療脱毛クラスの脱毛効果を期待出来ます。美顔器効果についても某大手エステサロンではフェイシャルコースで実際に使用されている程です。一括購入は89000円と一般庶民にはなかなか手の届きにくいお値段ですが分割ですと送料手数料無料で3000円台から購入可能でお小遣い程度で購入可能な価格に!脱毛エステサロンや脱毛クリニックに通う交通費や脱毛料金などを踏まえて考えればかなりお得と言えるでしょう。さらに、家庭で簡単に脱毛出来るということで、家族や姉妹などでの供用も可能ですし、お子様への使用も可能なので年ごろの小学生・中学生のムダ毛事情にも真剣に向き合って上げる事も出来るでしょう。トリアプラスはレーザー脱毛が出来る除毛器です。特に、男性のヒゲ脱毛用として高い支持を受けている様です、ケノンに比べて1回の照射時間が長くチクッとした痛みもあるので使いにくいとの声もあるのですが、照射面が狭いので細かい部分への脱毛も可能で、ひげ脱毛には最適といって良いと思います。カートリッジなどの経費もかからない点もトリアプラスを使うメリットでしょう。最後に、除毛器を使用した後は簡単にでも良いので保湿をキッチリしましょう。そうする事で脱毛効果を高める事にも繋がりエイジングケアにも繋がります。高い熱をお肌に照射するのでお肌が乾燥気味になるのは仕方ない事です。面倒臭さがらず保湿を行う事で10年後のお肌のハリツヤがグッと変わってきます!もし、除毛器だけでは不安な方には抑毛ローションや脱毛クリームをオススメしています。最近では無添加の商品も増えて化粧水代わりに抑毛出来るお手軽商品が増えています。特にオススメなのがパイナップル豆乳ローションとパイナップル豆乳除毛クリームです。ロングヒットの超優良抑毛ローション・脱毛クリームでお値段も安いですので除毛器使用後の化粧水代わりにパイナップル豆乳ローションを使うとより有効に効果的に脱毛する事が出来るでしょう。