家庭用脱毛器

自宅で脱毛する人必見!簡単、らくちんで早い脱毛機器が今大人気!

発売から販売台数第一位をキープし続けている家庭用脱毛器 ケノン

近年、『脱毛』は幅広い世代に浸透し、従来自宅でカミソリや毛抜きなどで処理をするのではなく、エステサロンやクリニックに通い脱毛をするなどかなり身近になっています。ですがその反面、エステなどではお金がかかるなどの課題もあり、なかなか手が出しにくいこともあります。そんな中、最近注目を浴びているのは家庭用脱毛機器です。これはエステやクリニックで使用しているレーザー脱毛と似た、脱毛器具で自宅でお手軽に使用できるもので、注目を浴びていました。特に3月に発売以降、通販でおなじみの楽天において、全家電のカテゴリー内、販売台数第一位を200日キープし続けているケノンが大人気です。これにより、自宅でもお気軽に脱毛ができるようになっています。
では実際に今まで出ている家庭用脱毛器具とどんな違いがあるか見て、ケノンの良さを感じてもらいましょう。

 

家庭用レーザー脱毛機器との違い

 

 

家庭用レーザー脱毛機器は今までの家庭用脱毛器具の中でも人気が高く、レーザーを毛穴に照射して脱毛をしていきます。一つ一つの毛穴に対して行うように使用します。ではさっそく比較してみましょう。

 

その1:照射範囲…レーザー脱毛器は直径1cmの円で毛穴に照射し脱毛をするのに対して、ケノンでは3.5cm×2.0cmと広い照射範囲で時間がかかりません。両脇で使用、比較した場合、レーザー脱毛器は両脇で15〜20分かかるのに対して、ケノンの場合は10分程度とかなり時間の短縮になります。

 

その2:照射数…毛穴に対してほぼ一つづつ照射するレーザー脱毛に対し、照射範囲の広いケノンはその分照射数も少なく脱毛できます。実際、腕に当てて試した実験によると、レーザー脱毛器は264発で照射完了に対し、ケノンではたった26発で完了します。何度も何度も重ねがけが必要なレーザー脱毛器ではお肌への負担も大きくなるリスクがありますが、ケノンではそのリスクも抑えられます。

 

その3:軽量化…従来のレーザー脱毛機器は約750gと野球で使用するバットと同じ重量なんです。実際持ってみるとその重量感に驚く人もいますが、ケノンの重量は約120gと携帯電話とほぼ同等の重さです。手軽に使用できる条件の一つに、『使いやすさ』は外せません。

 

シェーバーや毛抜きとの違い

 

では次に、家庭でよく使われているシェーバーや毛抜きとの違いも見ていきましょう。シェーバーは皮膚の表面にある毛を深く剃っていきます。

 

その1:肌への負担…まずシェーバーやカミソリはお肌の表面に刃を当てて剃っていきます。したがってお肌の表面にはかならず細かい傷がついてしまいます。 敏感なお肌の方や荒れやすい方はもちろん、そこから炎症を起こしたり毛膿炎になるなどお肌のトラブルに繋がります。毛抜きの場合は毛穴から無理やり引っこ抜くわけですから痛みも伴うだけでなく、さらにはそこから雑菌がはいり、炎症を引き起こします。

 

その2:除毛クリームなどの使用…最近はお肌に優しくなった除毛クリームや脱毛ワックスはどうでしょうか。お肌にはやさしくなったとはいえ、やはり敏感肌の方には合う合わないがあるようです。また、これらの類は独特なにおいもあり、それが苦手な方も多くおります。

 

このように、家庭でできる脱毛法はたくさん増えています。今までのやり方ではちょっと効果がみられないという方はぜひケノンで、これからの夏に向けてツルツルのお肌で過ごしましょう!